ibasei 株式会社茨城製作所

ニュース

ネパールでCappaのデモンストレーションを開催しました。

案件化調査の一環として、実際に現地でCappaを設置、発電するデモンストレーションを開催しました。ネパールでは今年4月に発生した大地震によって、首都カトマンズを含む各地で建造物や道路が崩壊、多くの犠牲者を出す甚大な被害が発生しています。発生から半年以上が経ち、徐々に復興の兆しは見えてきたものの、まだまだ課題は山積しています。そんな中、デモではLEDの明かりを灯したり、ネパールで親しみのある音楽を流したりと、様々な電気機器を使うことで、招待された関係者の他、多くの村民の方々にも訪れていただきました。身近な水路から電気が生まれることに驚きの声があがるとともに、震災の復興に繋がるのではないかと、期待のお声もいただきました。少しでも多くの方に電気のある暮らしを届けていくために、そしてネパールの復興に貢献していけるように、ibaseiはより一層の努力を重ねてまいります。

2015.11.20

< ニュース一覧に戻る