ibasei 株式会社茨城製作所

ニュース

茨城県常陸大宮市にCappaを導入しました。

軽水力発電機Cappa+++の2号機が茨城県常陸大宮市に非常用発電機として導入されました。同市では11月23日、市立美和小学校の体育館及びグランドにて防災訓練を実施。茨城県北部地方にマグニチュード9の地震が発生、震度6強を観測し、建物の崩壊や山崩れによる道路の損壊などで孤立地区が発生したり、地震による建物火災や林野火災等、各地に被害が広まっている想定で実施されました。悪天候の中、車中から人を救助する訓練や煙の中に入る体験まで本番さながらの訓練が行われ、Cappaはグランドでの実機展示の他、小学校近くの緒川で発電し、LEDの点灯や携帯充電の体験等、非常時を想定したデモンストレーションを行いました。

2015.11.23

< ニュース一覧に戻る