ibasei 株式会社茨城製作所

環境への 取組み

ibaseiでは、地球環境の保全を社会の最重要課題の一つであることと認識し、「未来へ残そう豊かな地球」のスローガンの下、全組織を挙げて環境マネージメント活動を推進、あらゆる面で環境負荷の低減に努めています。
自社の企業活動による環境への影響を低減するために、社員教育プログラムの中に環境意識向上を取り入れ事業所内外での徹底的な省エネルギーの実践を励行し、2006 年にはKES・環境マネージメントシステム・スタンダード認証を取得しました。今後もibaseiはKES 活動ならびに「茨城エコ事業所」としての運営をお約束いたします。
私たちは、東日本大震災の経験より、非常時に自らが簡単にエネルギーを作れることを理想とし、小規模自然エネルギー技術の開発をスタートいたしました。自然エネルギー技術で最も大切なことは自然環境に負荷を与えないことと考え、生み出す製品は自然に負荷を与える工事が不要であること、廃棄時まで極力リサイクル可能な素材を用いることなど、現在や将来の環境にやさしい製品作りを実践しています。また研究開発や、未来を担うこども達が自然について学ぶエコスクールを開催。教育等を通して、地球環境保全への意識改革に貢献していきたいと考えています。